物件購入基礎知識(住まいの売り方マニュアル)

藤和ハウスご成約者様専用住まいのバックアップサービス

物件購入基礎知識

> > >

住まいの売り方マニュアル

ポイント1
  1. 査定は無料
  2. 現在の住まいの「適正な価格」を知る
  3. 査定の根拠を詳しく聞いておくる

他の物件と比較して適正な価格でなければ購入希望者は現れず、自分の予定した期間内に売却する事はできない。仲介会社は、市況やエリアの状況を加味しながら査定価格を提示してくれる。売主の事情や売却条件なども査定の重要な要素なので、できるだけ詳しく話しておく。なおその際、査定の根拠を詳しく聞いておくことも大事。より納得のいく説明をしてくれるのがいい仲介会社といえる。

ポイント2
  1. 首都圏全域に店舗があり、広域な情報収集力を持つ大手不動産会社
  2. 特定エリアの情報が豊富な中堅不動産会社
  3. 地元での信頼が厚く地域密着型の地元不動産会社

売出価格の決定、買い主との交渉、各手続きのフォロー、的確なアドバイスなど、住まいの売却の重要なパートナーとなるが仲介会社の信頼できる営業マン。規模により特徴は異なる。任せきりにせずお互い納得した上で売却を進めていくことが大切。

ポイント3
  1. 媒介契約には一般、専任、専属専任の3つのタイプがある
  2. 仲介手数料の支払いなど媒介契約のルールを あらかじめきちんと聞いて把握しておく

一般媒介契約は複数の会社に依頼でき、専任媒介契約と専属専任媒介契約はその1社のみに売却を依頼する。仲介会社と売主、双方の義務がより強い契約が専属専任であるといえる。市況などによってどのタイプが有利かは異なってくる。

ポイント4
  1. 希望者にはできるだけ早く見学させる
  2. 各部屋をきれいに掃除し、常に清潔感を維持する
  3. 近隣への情報提供も積極的に行う

仲介会社の活動で物件に興味を持ってくれる人が現れたら、すぐに見学してもらうようにする。そのためにも営業マンのアドバイスをうけて、家の中を常に整理された清潔感あふれる状態に保つことを心がける。また、地域内で買い換えを望む人は多いので近隣へのチラシ配布なども積極的に行うようにする。

ポイント5
  1. 特に重要なのは価格、支払い日、引き渡し日
  2. 仲介会社に「譲れる範囲」をきちんと伝えておく

仲介会社の活動で物件に興味を持ってくれる人が現れたら、すぐに見学してもらうようにする。そのためにも営業マンのアドバイスをうけて、家の中を常に整理された清潔感あふれる状態に保つことを心がける。また、地域内で買い換えを望む人は多いので近隣へのチラシ配布なども積極的に行うようにする。

ポイント6
  1. 物件に瑕疵があると引き渡し後に修理を要求される場合もあるので注意
  2. 重要事項説明書を事前に見せてもらい内容をよく確認しておく

買い手が決まったら、重要事項説明に出席し、売買契約を結ぶ。その前に物件に瑕疵がないか確認しておく。必要な書類に付いては仲介会社に確認。自分で保管しているはずのものもあるので、早いうちにチェックしておく。

ポイント7
  1. 買い換え成功のコツは購入と売却のタイミング
  2. 売却して利益が出た場合は所得税・住民税がかかる

代金は手付金として契約時に販売価格の5~20%、残りは残金として物件引き渡しと同時に受け取るのが一般的。購入と売却のタイミングは、双方同時が理想的。新築・中古ともに物件が豊富な今は、売却が決まってから購入物件を決めるか、査定価格よりやや下の価格をベースにして資金計画を立てて、購入を検討しながら売却を進めるといい。

総紹介可能物件数
一般公開物件数
3,313
  • 比べてください!!
  • UP

CLUB TOWA会員になると

7,602

※HP未公開メール紹介物件も含みます

理想の住まいに巡り逢う近道
CLUBTOWA(クラブトーワ)

新規会員登録
CLUBTOWAとは?
プライバシーマーク

藤和ハウスは
プライバシーマークを取得しています